糖尿病

糖尿病の基本知識

身体の中の血糖値は、インスリンと呼ばれるホルモンによって調整されています。しかし、インスリンの分泌量や機能が不足すると、血糖値が上昇したままになってしまい、身体の様々な部位に悪影響を及ぼすことになります。これが「糖尿病」と呼ばれる病気で、主に3種類に分類することができます。

1型糖尿病

インスリンは、すい臓から分泌されますが、そのすい臓の細胞が正常に働かなくなり、体内のインスリン量が足りなくなるのが1型糖尿病です。糖尿病は中年以降の人がなるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、こちらの1型糖尿病は幼少期に発病することもあります。(以前は「小児糖尿病」と呼ばれていたこともあります)

2型糖尿病

食生活の乱れや、運動不足、肥満などが原因で、インスリンの分泌量が減ってしまったり、インスリンの機能が弱まったりしてしまうのが2型糖尿病です。「生活習慣病」や「メタボリックシンドローム」といった言葉があるように、日本人の糖尿病患者のおよそ95%は、この2型糖尿病です。

その他の糖尿病

生まれつき遺伝子に異常がある方、肝臓に病気のある方、すい臓の病気に罹っている方が糖尿病になることもあります。また、他の病気の治療で使用したお薬が原因で糖尿病を発病することもあります。

こんな症状ありませんか?

糖尿病になると、下記のような顕著な症状が見られるようになります。一つでも当てはまる方は、すぐに検査を受けるようにしましょう。

糖尿病セルフチェック

  • 異常なほど喉が乾く
  • 食べる量は同じか増えているのに体重は減った
  • いつも身体がだるい
  • 身体が疲れやすくなった
  • 急にめまいがすることがある
  • 手や足の痺れがある
  • 性欲が減った
  • 生理不順がある

糖尿病の合併症

糖尿病は、早めに適切な治療を始めないと、様々な合併症を引き起こすことになります。特に「神経障害」「網膜症」「腎症」は、糖尿病による三大合併症と言われており、糖尿病になってからおよそ10年〜15年を目安にそれぞれの症状が現れてくるようになります。

神経障害

末梢神経の障害によって、手足の痺れが出てきます。また、自律神経障害になり、筋肉が萎縮する、胃や腸が不調になる、めまいがする、多汗になる、性機能の低下といった症状が現れることもあります。

網膜症

網膜の中にある血管に障害が発生し、視力が低下します。場合によっては、白内障になったり失明したりすることもあります。

腎症

腎臓の血管に障害が発生して、正常に尿を作ることができなくなってしまいます。そのため腎症になったら、人工透析によって血液を濾過しなければなりません。1回数時間の透析を週に2〜3回行う必要があるため、日常生活に大きな負担がかかることになります。

糖尿病の治療方法

まずは糖尿病の悪化を防ぐために、生活習慣を見直す必要があります。当たり前のことではありますが、栄養バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を続けていき、タバコやアルコールも控えなければなりません。軽度の糖尿病であれば、これらの生活習慣改善だけで上手く病気をコントロールしていけますが、重度の場合はインスリン注射やお薬も使用していくことになります。生活習慣病の治療は、とにかく根気良く継続することが重要です。とは言え、無理な生活習慣改善は続きませんので、おおたに内科医院では、患者様一人ひとりのご状況に合った治療計画をお作りしています。

  • 生活習慣病が気になる方、お気軽にお問い合わせください 医療法人一晃会 おおたに内科医院 072-622-9060
  • bnr_tel_spimg.png
WEB予約 STAFFブログ 生活習慣病 Q & A 医療法人一晃会 おおたに内科医院 公式サイトへ 
内視鏡サイト