脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)の基本知識

脂質異常症とは、悪玉コレステロールや中性脂肪が多い、もしくは善玉コレステロールが少ないことを言います。なお、以前はコレステロールや中性脂肪が多いことだけを指して「高脂血症」と呼んでいました。脂質異常症はほとんど自覚症状がないため、多くの場合、会社の健康診断や人間ドックで発見されることになります。

こんな症状ありませんか?

脂質異常症は特に自覚症状が分かりにくい生活習慣病のため、以下に一つでも当てはまる方は、一度検査を受けておくようにしましょう。

脂質異常症セルフチェック

  • 肥満
  • 身体がだるい
  • 疲れが取れない
  • よく甘いものを食べる
  • 痛風になったことがある
  • アキレス腱が肥大している(アキレス腱肥厚)

脂質異常症の合併症

脂質異常症は、他の生活習慣病と深く関係しており、特に動脈硬化を早めてしまいます。そして動脈硬化が進めば、やがて血管が詰まり心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことになります。また、場合によっては、膵炎を発症させることもあります。

脂質異常症の治療方法

他の生活習慣病と同じように、栄養バランスの取れた食事と適度な運動が基本となりますが、特にカロリー制限を行う必要があります。一定期間、生活習慣の改善を継続していれば改善することもありますが、そうでない場合はお薬も使用して悪化を防ぎます。生活習慣病の種類によっても適切な治療方法は変わってくるものです。ご自身の生活習慣を見直したいという方は、おおたに内科医院へご相談ください。

  • 生活習慣病が気になる方、お気軽にお問い合わせください 医療法人一晃会 おおたに内科医院 072-622-9060
  • bnr_tel_spimg.png
WEB予約 STAFFブログ 生活習慣病 Q & A 医療法人一晃会 おおたに内科医院 公式サイトへ 
内視鏡サイト