生活習慣病 Q&A

2015.10.27更新

これから生活習慣病Q&Aをアップしていきます。
よろしくお願い致します。

投稿者: おおたに内科医院

2014.04.30更新

お酒を毎日たくさん飲む、血圧が高い、のどが異常に乾くなどの症状がある場合は生活習慣病かもしれません。

以前は成人病と呼ばれていた生活習慣病は、その名のとおり生活習慣と大いに関係があり、治療で一番重要なことは生活習慣の改善です。
無理な改善は続きませんので、当院では患者さま一人ひとりに合わせた生活習慣改善アドバイスを行っています。

また、身体の状態を把握し、問題点をはっきりさせ、治療へのモチベーションを高めるためにも、定期的な検診を行うことをおすすめしています。
病気の早期発見にもつながります。

当院では患者さまの待ち時間が少なくなるよう院内処方を行っており、夜8時まで診療していますので、忙しい方でも通院していただけます。
茨木市にお住まいの皆様のホームドクターとして、健康をしっかり守ります。

投稿者: おおたに内科医院

2014.04.23更新

糖尿病の多くは生活習慣や食生活の乱れが原因です。
仕事が忙しく、深夜に帰宅しお酒を飲みながら揚げ物たっぷりの食事をとったりなど、ご自身の生活習慣を見直してみてください。

糖尿病の治療は食事や生活習慣を見直し、継続することが大切です。
糖尿病は視力や賢臓、末梢神経などに大きな悪影響を与えます。
茨木市にお住まいで糖尿病の心配のある方は当院にご相談ください。

生活習慣を改善する、と聞くと好きなものが食べられなかったり、毎日運動をしなければいけないのかと憂鬱になってしまうかもしれません。
しかし、当院ではなによりも継続していただくことを重要視しています。
一人ひとりにあった適切なアドバイスを行い、少しずつ生活習慣を改善し、健康な身体へと導いていきます。

投稿者: おおたに内科医院

2014.04.17更新

今ではすっかり定着した言葉「生活習慣病」、言葉の定着とともに、この「生活習慣病」の方、そしてその予備軍の方の多さが近年の話題となっています。
あなたはいかがですか。

まだまだとお思いの方にも是非受けていただきたいのが、やはり定期的な検診です。
本人に自覚症状がなかったとしても、前回と比べて数値が大きく変化していれば、それは体に異変が起きている証拠です。
すぐにきちんと診察を受けて治療を行うことによって、大きく改善されることでしょう。

たとえ生活習慣病と診断がでても、当内科では、急激な運動や食事制限を指示するようなことはいたしません。
「習慣」を変えることはとても大変なことですから、患者様ひとりひとりに向き合って、予防法や治療法をアドバイスさせていただきます。
茨木市の方のご相談お待ちしております。

投稿者: おおたに内科医院

2014.04.09更新

若い頃は生活習慣病と聞いても他人ごとと思っていたかもしれません。
確かに、暴飲暴食をしても、寝不足をしても一晩休めば元気になり、病気とは無縁のような気がしていました。
しかし、40代を迎えるあたりから徐々に、体調の変化を感じ始める人は多いと思います。

若い頃より随分太った、血圧が高い、だるい日や頭痛が続く、などの症状に当てはまりませんか。
忙しいと見過ごしてしまうこのような症状を放っておくと、脳卒中や心臓病など大病のリスクを増やします。

当院では、内科医が生活習慣病の治療を行っています。
生活習慣病の治療は日常生活の改善が主なものですが、漢方もとりいれながら、一人ひとりに合わせて無理のないプランを考えます。
茨木市のみなさま、健康維持のために、まずは気軽に検査を受けるところから始めましょう。

投稿者: おおたに内科医院

2014.04.03更新

一般的に高血圧は怖いと言われていますが、何故怖いのかをご存知でしょうか。

まず、高血圧には自覚症状がありません。
故に高血圧により血管に負担がかかった場合、ご自身ではなかなか気づきにくいのが怖い点です。

血管に負担がかかると心臓にも負担がかかるようになり、時間の経過と共に血管の壁がその負担に耐えるために厚さを増すようになり動脈硬化の原因へと発展するのが高血圧の何よりの怖い点です。
当院では、茨木市全域の働き盛りの皆様に高血圧をはじめ生活習慣病予防を強くお勧めしております。

当院では食習慣及び運動習慣の改善をアドバイスさせて頂いておりますが、場合によっては血圧を下げる薬を処方する場合があります。
また、ご多忙な方など生活習慣の改善が困難な方のご事情に考慮した改善アドバイスも行っております。

投稿者: おおたに内科医院

2014.03.31更新

先日、主婦の方がいびきのご相談にみえました。
彼女のいびきがあんまりひどいので、最初はうるさくて眠れないと迷惑そうに言っていたご主人が、だんだん心配になったそうで、当院での相談をすすめてきたのだそうです。
当院にいびき外来があることをご存知だったとのことでした。

さて、ご相談に見えた主婦の方ですが検査の結果やはり睡眠時無呼吸症候群だということが分かり、早速治療がスタートしました。

睡眠時無呼吸症候群は単にいびきがうるさくて困るだけの病気ではありません。
充分な酸素が取り込めずに、結果脳卒中などを引き起こす可能性があります。
最悪死に至ることもあります。
茨木市にお住いの方、いびき外来なら是非当院にお越しください。

投稿者: おおたに内科医院

2014.03.26更新

当院は、いびき外来でいびきの治療も行っています。

いびきにはさまざまな原因があります。
鼻の疾患が原因のこともありますので、今の花粉症の時期はいつも以上にいびきをかくという人もいるかもしれません。

そのような鼻の疾患がある方、肥満体型の方、飲酒をする方などの他に、睡眠時無呼吸症候群が原因でいびきをかく人もいます。
睡眠時無呼吸症候群の場合は、体に十分な酸素が取り込めていないということですので、適切な治療をすることが大切です。
しかし、自分が睡眠時無呼吸症候群であることには気がつきにくいので、いびきをかいていると指摘されたことがある方は、ぜひ一度、いびき外来ページにあるチェック項目をご確認ください。

そしてもし、睡眠時無呼吸症候群の可能性があると感じた場合は、早めに受診することをおすすめします。

投稿者: おおたに内科医院

2014.03.24更新

茨木市の方で、肥満やメタボに悩んでいる方、当院にご相談ください。

肥満とメタボリックシンドロームは同じものではないかと思われている方がいらっしゃいますが、実は同じではありません。
その違いはなんでしょう。
肥満の基準はBMI値を基準に診断します。
メタボリックシンドロームは内臓に脂肪がついた状態のことを指します。
内臓に脂肪がつくというのは、見た目ではわかりませんので肥満とメタボリックシンドロームは違うものといえるでしょう。
どちらにしても、まずは痩せなくてはいけないという状態です。
しかし、ただ痩せるだけではいけません。
痩せ方もひとりひとり違いますので、まずは当院に一度ご相談いただいて治療計画を立てていきたいと思います。

お気軽にお電話くださいませ。

投稿者: おおたに内科医院

2014.03.19更新

近年ならではの病気といっても過言ではないのが、様々な生活習慣病ではないでしょうか。

生活習慣や食事が欧米化してきたことにより、糖尿病、高血圧、高脂血症、メダボリックなどが増加してきています。

すぐに命の危険があるわけではないですが、ほっておくと進行してしまい大きな病気につながる可能性があります。
当内科では患者様一人一人に合った予防法、治療法を考えていきますのでぜひ一緒に治していきましょう。

どんな病気でもなってしまってからでは治療時間も費用も体の負担も大きくなってしまいます。
まめな定期検診を行い、先手を打って治療を行っていくことが一番の予防といえます。

そのため当院ではできるだけ待ち時間を減らすよう院内で処方もいたします。
地域に密着した治療を心がけていますのでぜひ一度お越しください。

投稿者: おおたに内科医院

前へ
  • 生活習慣病が気になる方、お気軽にお問い合わせください 医療法人一晃会 おおたに内科医院 072-622-9060
  • bnr_tel_spimg.png
WEB予約 STAFFブログ 生活習慣病 Q & A 医療法人一晃会 おおたに内科医院 公式サイトへ 
内視鏡サイト