メタボリックシンドロームと肥満

メタボリックシンドロームと肥満の基本知識

メタボリックシンドローム(通称「メタボ」)は、何となく見た目が太っていることを指す言葉ではなく、明確な定義があります。

メタボリックシンドロームの定義(日本肥満学会)

腹囲が85cm以上(男性)/90cm以上(女性)
かつ
A)血圧が130mmHg/85mmHg以上
B)中性脂肪が150mg/dL以上、もしくはHDLcが40mg/dL未満
C)血糖値が110mg/dL以上

のうち2つを満たす

これらの数値指標を分かりやすい言葉に直すと「内蔵に過度に脂肪が付いている」ということになります。

一方、肥満にもBMIと呼ばれる指標があり、以下のように定められています。

肥満の定義

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIが18.5未満 →低体重(やせ)
BMIが18.5以上、25未満 →普通体重
BMIが25以上、30未満 →肥満(1度)
BMIが30以上、35未満 →肥満(2度)
BMIが35以上、40未満 →肥満(3度)
BMIが40以上 →肥満(4度)

メタボリックシンドロームや肥満によって引き起こされる病気

メタボリックシンドロームや肥満自体は病気ではありませんが、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の原因となります。そして、これらの生活習慣病が悪化することで、心疾患や脳血管疾患のリスクを高めてしまいます。

メタボリックシンドロームと肥満の治療方法

メタボリックシンドロームも肥満も、ただ痩せると考えずに、痩せることで動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や脳梗塞のリスクを下げるという目的を明確に持つようにしましょう。そして、その上で適度な運動を継続していき、タバコやアルコールも控えることで生活習慣そのものを改善していくことが重要です。急に激しい運動をすると、身体に負担がかかり、逆に健康を害する恐れがありますので、適切な痩せ方についてもおおたに内科医院へご相談ください。

  • 生活習慣病が気になる方、お気軽にお問い合わせください 医療法人一晃会 おおたに内科医院 072-622-9060
  • bnr_tel_spimg.png
WEB予約 STAFFブログ 生活習慣病 Q & A 医療法人一晃会 おおたに内科医院 公式サイトへ 
内視鏡サイト